ここから本文です

インディカーデビュー戦完走のグティエレス「レース2ではもっと多くのことを見つける」

6/4(日) 12:29配信

motorsport.com 日本版

 エステバン・グティエレスは、インディ500予選で負傷したセバスチャン・ブルデーの代役として、デイル・コイン・レーシングのマシンに乗り、インディカーのデトロイトGPに参戦した。

インディカーデトロイトレース1決勝のリザルト

 レース1の予選でグティエレスは、同僚のエド・ジョーンズを0.2秒上回り、ポールポジションのグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)の1.7秒遅れのタイムで19番手だった。

 レースでも、マシンをクラッシュさせる事なく、首位のレイホールから1ラップ差の19位で完走した。

 グティエレスは次のように語った。

「チームからのサポートに本当に感謝している。リズムをつかむことが本当に重要だった。デトロイトの週末を迎えるのは僕にとってとても大きな課題だった。難しいコースだったし、マシンについて何も知らなかった」

「このレースではまずリズムを掴もうと思っていた。70周を終えて、今日の目標を達成する事が出来たよ」

「明日のレースではもっと多くのことを見つけられると良いけど、段階的に進めようと思っている。僕は速く走り、ペースを見つける事が出来た。それに一貫して快適性を感じていたから、良い1日になった」

「今日の結果に大満足だよ」

 フォーミュラEをテチータから参戦していたグティエレスだが、ブルデーの代役としてインディカー参戦に集中すると発表していた。しかし、グティエレスはテキサスまでにオーバルテストを受ける事が出来ないため、オーバルレースはオリオール・セルビアがブルデーの代役を務めることになると考えられる。

 一方、チームメイトであるジョーンズは、デトロイトで開幕から4度目のトップ10入りを果たした。

「僕はフリー走行で十分に走行する事が出来ずにレースを迎えたけど、全てのセッションにおいて大きく成長する事が出来た。最終的には良い感触をつかむ事が出来たし、もっとアタックできたと思う」とジョーンズ。

「マシンが本当に良かったから、何人か追い抜く事が出来た。スティント全体で、一定のラップタイムを保つ事が出来たし、僕たちは良い作戦を持っていた」

「全てがうまくいった事で、僕の自信に繋がった」

David Malsher