ここから本文です

新緑楽しみ、歩み軽やか みずウオーク・やないづ大会

6/4(日) 11:31配信

福島民友新聞

 新緑の柳津路を楽しむ「うつくしま・みずウオーク2017 赤べこの里・やないづ大会」は3日、柳津町の道の駅「会津柳津」を発着点に開かれた。12キロ、8キロ、4キロの3コースが設けられ、約1700人が風情あふれる只見川沿いの景色と散策を楽しんだ。町と福島民友新聞社、読売新聞社、福島中央テレビ、県ウオーキング協会でつくる実行委員会の主催。
 コースを歩きながら、川沿いの環境や史跡について学ぶ「まなぶん4キロコース」に参加した親子らは柳津町観光ボランティアガイドの案内を受けながら、ウオーキングを楽しんだ。
 ウグイの群生地として知られる国指定天然記念物「魚淵」や「七日堂裸まいり」で有名な福満虚空蔵菩薩円蔵寺を巡り、フィニッシュを目指した。ウグイにまつわる伝説や、寺が建立された経緯などの説明に参加者が耳を傾けた。

福島民友新聞

最終更新:6/4(日) 14:30
福島民友新聞