ここから本文です

小村拓也が単複2冠 [いわて・八幡平オープンテニス]

6/4(日) 14:02配信

THE TENNIS DAILY

「いわて・八幡平オープンテニス大会」(岩手県・安比高原テニスクラブ/本戦5月29日~6月3日/賞金総額100万円/ハードコート)が開催された、シングルス決勝はノーシードから勝ち上がってきた小村拓也(ノアインドアステージ)が第1シードのロンギ正幸(福井県体育協会)を6-3 5-7 6-3で下して優勝を飾った。

シングルスはロンギ正幸、ダブルスは福田勝志/野口政勝が優勝 [第55回埼玉オープン春季クラシック/男子]

 ダブルス決勝は、第1シードの小村/華谷宗(ノア・インドアステージ)が第3シードの矢野洋(ケイエスシー)/石川智浩(美浜テニスガーデン)を6-2 7-6(2)で倒してタイトルを獲得。小村は単複2冠を達成した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○43小村拓也(ノアインドアステージ)6-3 5-7 6-3 ●1ロンギ正幸(福井県体育協会)[1]

------------

【シングルス準決勝】

○1ロンギ正幸(福井県体育協会)[1] 6-2 6-3 ●27川橋勇太(筑波大学)[WC]

○43小村拓也(ノアインドアステージ)6-2 6-2 ●49細谷元基(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)[5]

------------

【シングルス準々決勝】

○1ロンギ正幸(福井県体育協会)[1] 6-1 6-2 ●9広川裕太(ビッグK)[9]

○27川橋勇太(筑波大学)[WC] 6-2 6-2 ●17中西聖也(フリー)[4]

○43小村拓也(ノアインドアステージ)3-6 7-6(3) 6-3 ●40原田祐樹(スポーツクリエイト)[12]

○49細谷元基(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)[5] 6-4 6-3 ●57矢野洋(ケイエスシー)[13]

------------------------

【ダブルス決勝】

○1小村拓也/華谷宗(ノアインドアステージ/ノア・インドアステージ)[1] 6-2 7-6(2) ●24矢野洋/石川智浩(ケイエスシー/美浜テニスガーデン)[3]

------------

【ダブルス準決勝】

○1小村拓也/華谷宗(ノアインドアステージ/ノア・インドアステージ)[1] 6-2 3-6 [10-7] ●9羽生沢哲朗/金城光(テニスユニバース/アスリードTA)[4]

○24矢野洋/石川智浩(ケイエスシー/美浜テニスガーデン)[3] 6-4 3-6 [10-4] ●32佐野光/福田勝志(サン城陽テニスクラブ/ASIA PARTNERSHIP FUND)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/4(日) 14:02
THE TENNIS DAILY