ここから本文です

バナナマン日村、設楽に嫉妬 マツコデラックスに「俺のも触れよ!」

6/4(日) 12:00配信

AbemaTIMES

 お笑いモンスター・バナナマン日村勇紀がバラエティの“定番を超える”べく体を張って挑戦・開拓する『日村がゆく』が放送された。芸能界の都市伝説を紹介する「バラエティ都市伝説」のコーナーで、日村は相方の設楽統に嫉妬した話を披露し、話題になっている。

 同コーナーでは、「マツコデラックスより面白い」と噂される新宿二丁目のオネエに出演交渉しに行ったイケメンディレクターの都市伝説を紹介。イケメンディレクターがオネエに会いに行くと、オネエは「テレビに出てもいいけれど、一つ条件がある」と言ってきたそうで、イケメンディレクターは「これで新しいスターが生まれるなら…」と抱かれる覚悟をしたそうだ。しかし、オネエが要求したのは「イケメンディレクターの睾丸をボールペンで叩く」というものだったそうだ。

 この都市伝説を受け、番組MCは「日村さんもオネエに好かれる方ですか?」と質問。日村は「好かれるかどうかって言ったら、全然好かれないです」と即答。「俺みたいなのは全然ダメっぽいですよ。男っぽいのがモテる。ケンコバさんが未だに1番人気。U字工事の益子も人気みたいですよね」と語った。

 そして、日村は『シルシルミシルさんデー』(テレビ朝日系)でマツコデラックスと共演していた時のことを懐古。「マツコさんは横にいる設楽さんの手とかずっと握ってたし。触ってたりしたり。俺には何もしてこなかったから、ちょっと嫉妬したよね。俺のも触れや!」と、マツコからの扱いに嫉妬したという思い出を語った。

(AbemaTV/『日村がゆく』より)

最終更新:6/4(日) 12:00
AbemaTIMES