ここから本文です

モンフィス ガスケ棄権で全仏OP16強、4回戦はワウリンカと対戦<男子テニス>

6/4(日) 23:04配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス3回戦が行われ、第15シードのG・モンフィス(フランス)は太ももの負傷で途中棄権した第24シードのR・ガスケ(フランス)により、7-6 (7-5), 5-7, 4-3とリードした時点で2年ぶりのベスト16進出を果たした。

【錦織vsベルダスコ 1ポイント速報】

この日、モンフィスはタイブレークの末に第1セットを先取。続く第2セットを落としたが、第3セットでは先にブレークに成功。そして、ゲームカウント4-3とリードしたところでガスケは棄権を申し入れた。

試合中、トレーナーを呼び治療を受けていたガスケだったが、最後は太ももの痛みからモンフィスのサービスを追うことが出来ず、無念の3回戦敗退となった。

勝利したモンフィスは、4回戦で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。ワウリンカは3回戦で第28シードのF・フォニュイーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

30歳のモンフィスは、地元の全仏オープンに11度目の出場で、2009年にはベスト4進出。前回出場の2015年は4回戦でR・フェデラー(スイス)に敗れた。

tennis365.net

最終更新:6/4(日) 23:54
tennis365.net