ここから本文です

日米など「北朝鮮への圧力強化」求める

6/4(日) 15:16配信

ホウドウキョク

シンガポールで開かれているアジア安全保障会議で3日、日本やアメリカは、各国に対し、北朝鮮への圧力強化を訴えた。
北朝鮮への包囲網を強化したい日米と、対話重視の姿勢を示す中国、双方の主張の温度差があらためて浮き彫りとなった。
マティス国防長官は「アメリカの安全保障の問題として、アメリカは、北朝鮮の脅威を『今そこにある危機』とみている」と述べた。
弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対応が最大の焦点となった会議では、アメリカのマティス国防長官が「行動がともなわなければならない」と強調し、北朝鮮に影響力を持つ中国に対し、積極的な役割を果たすよう促した。
稲田防衛相も「新たな段階の脅威になっている」と、各国に圧力の強化を呼びかけた。
中国軍事科学院の何雷中将は「北朝鮮の核問題の根源は、米朝間の不信感にある」と述べた。
一方、中国側は、北朝鮮問題の解決に向け、「中国は積極的に努力している」などと反論していて、各国が緊密に連携していけるのかどうかは、依然、不透明。

最終更新:6/4(日) 15:16
ホウドウキョク