ここから本文です

天守閣を4言語でガイドのアプリ開発

6/4(日) 18:35配信

カナロコ by 神奈川新聞

 小田原市は、小田原城天守閣(同市城内)の展示物を多言語で解説する無料アプリを開発、運用を始めた。刀剣や甲冑(かっちゅう)、武家の守護神「摩(ま)利(り)支(し)天(てん)像」の安置空間など20の展示物を、4言語で解説する。

 スマートフォンにアプリ「小田原城展示ガイド」をダウンロード。近くにある展示物のリストから、詳細を知りたい展示物を選べば、その画像と、日本語、英語、中国語の簡体字と繁体字の4言語による解説が表示される。アプリのトップ画面を天守閣などの窓口で提示すれば、入場料が1割引きになる。

 年々増加する外国人観光客へのサービス向上を目的に、市と民間企業が共同で製作した。「App Store」や「Google Play」から検索、ダウンロードする。問い合わせは、天守閣電話0465(22)3818。