ここから本文です

奈良で子鹿公開、出産シーズン到来

6/4(日) 6:00配信

Lmaga.jp

例年、来場者数が1万人(2016年は17608人)を超えるほど人気を博す奈良の『子鹿公開』が、今年も6月1日より春日大社境内「鹿苑(ろくえん)」(奈良市春日野町)でスタートした。

【写真】「僕なんて小鹿みたいなもの」と武井壮

現在、奈良公園には約1200頭の鹿が生息しており、その内、雌鹿は約700頭。すべて野生だ。赤ちゃん鹿が誕生するシーズン(5月中旬~7月頃)には、人と鹿とのトラブル防止のため、「奈良の鹿愛護会」によって「鹿苑」で妊婦の鹿が保護される。そのため鹿愛護月間でもある6月には、毎年同イベントが開催され、保護されている一部の母子鹿を見学する事が可能になる。

なお、公園内も含めると、例年この1カ月間で約220頭の子鹿が出産。運が良ければ、赤ちゃん鹿の誕生シーンに出会えることも。生まれたばかりは約3000グラムだが、すぐ立ち上がって初乳を飲む赤ちゃん鹿。生後2~3週間は、草むら付近で隠れて過ごす習性があるため、子鹿は「鹿苑」内のサイコロのようなブロックのなかで休んでいる事が多い。奈良の鹿愛護会の甲斐さんは、「毎日の子鹿の成長や元気な家族の絆を見て欲しい。また、奈良公園内で赤ちゃん鹿を見つけた際は、そっと遠くから見守り、愛護会に連絡をお願いします」と話す。

期間中は、専用の鹿のおやつ(100円)での餌やりや、「子鹿ちゃんノート」(200円)などの販売もあり、イベント収益は、奈良の鹿の保護に活用される。愛護会の大川会長は、「奈良の鹿は神鹿であり、天然記念物。これを機に広く奈良の鹿の事を知って頂き、愛着を持って頂ければ」と話す。公開時間は、11:00~14:00(入場は13:30まで)。料金は、一般300円、高校生以下無料。

取材・文・写真/いずみゆか

最終更新:6/11(日) 3:32
Lmaga.jp