ここから本文です

上川隆也主演『遺留捜査』、2年ぶり復活! “新バディ”栗山千明が参戦

6/4(日) 16:00配信

クランクイン!

 俳優の上川隆也が主演を務め人気を博したテレビドラマ『遺留捜査』が、2年ぶりに復活し、上川演じる主人公・糸村刑事の新たな相棒役として、栗山千明が出演することがわかった。栗山は「糸村さんの個性的な面が強調されるようになれば…と思いながら演じています」とコメントしている。

【関連】「上川隆也」フォトギャラリー


 本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁することで事件を解決するだけでなく、遺族の心情をも救う刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く人気ドラマの第4シーズン。糸村は、警視庁月島中央署から京都府警捜査一課特別捜査対策室に異動。強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”に着任し、様々な事件を解決していく。

 糸村とコンビを組む女性刑事・神崎莉緒役で初参戦となった栗山は、「まっすぐで真面目で真っ当な刑事。だからこそ、糸村さんの個性的な面が強調されるようになれば…と思いながら演じています」と意気込む。見どころについては「糸村さんは、やはり人とは違う視点をもっているところが面白いですね。糸村さんの捜査からは、事件の奥に隠れた人の想いを感じることができます。新シリーズもそんなストーリーが詰まっていますので、ぜひ楽しみにしていて下さい!」とアピールしている。

 一方の上川は「シリーズがはじまって6年が経ちますが、糸村という男は変わらないな、としみじみ感じます。そのあまりの揺るぎなさに、感心すら覚えました。糸村の奔放な感性は、僕が演じてきたほかのどんな役ももっていないもの」とコメント。また、「糸村という男の変わらなさ、奔放さは、僕が演じてきたほかのどんな役にもないもの。6年を経て糸村という役の“唯一感”ともいうべきものを強く感じています」と役柄への思い入れを語っている。

 『遺留捜査』第4シーズンは、テレビ朝日系にて7月より毎週木曜20時放送。

最終更新:6/4(日) 16:00
クランクイン!