ここから本文です

小型機の捜索開始 県警山岳警備隊、室堂を出発

6/4(日) 6:52配信

北日本新聞

 北アルプス・立山連峰で3日午後に墜落し、行方が分からなくなっている4人乗りの小型機を捜すため、4日早朝、県警山岳警備隊員が地上からの捜索拠点となる上市署室堂警備派出所を出発した。

 午前4時の室堂周辺の気温は氷点下約3度。濃い霧が立ち込める中、同日午前4時10分すぎから警備隊員計12人が班ごとに分かれ、順次派出所を後にした。

 県警によると、地上からは4班に分かれ、一ノ越や黒部平から黒部ダム方面、鬼岳方面などに向かう予定。県警ヘリ「つるぎ」や長野県警ヘリ「やまびこ」なども、同日午前4時半すぎから空からの捜索を開始した。

北日本新聞社

最終更新:6/4(日) 6:52
北日本新聞