ここから本文です

辺野古基金への寄付は5850万円余 2016年度

6/4(日) 12:00配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する活動を支援する「辺野古基金」は5月31日、那覇市の八汐荘で評議員会を開き2億3850万8617円の2017年度予算を決定した。1億7千万円余の16年度からの繰り越しに加え、17年度の寄付金を6千万円と想定する。

 16年度の寄付金が5850万2577円、寄付件数1万9898件だったことが報告された。同年度は「オール沖縄会議」など運動体の支援に加え、辺野古問題を広く訴えるための映像作成支援や週刊誌への広告掲載などに取り組んだ。

 評議員会はアピール文も採択し「各選挙で突きつけられた(辺野古反対の)圧倒的な民意を踏みにじる安倍晋三政権の姿勢は許されない」として全国からの支援を呼び掛けた。

 運営委員会では、国連人権理事会で日本政府の人権侵害を訴える予定の沖縄平和運動センターの山城博治議長の渡航や、「オール沖縄会議」が中心になる8月の訪米をそれぞれ支援することを決定した。

最終更新:6/4(日) 12:00
沖縄タイムス