ここから本文です

DeNA、ソフトB戦の連敗を7で止める 宮崎が好機演出&戸柱3打点で千賀攻略

6/4(日) 16:08配信

ベースボールキング

○ DeNA 5 - 3 ソフトバンク ●
<3回戦 横浜>

 DeNAが6連勝中のソフトバンク先発・千賀を攻略し、連敗を4でストップ。2015年から続いていたソフトバンク戦の連敗も7で止めた。

 DeNAは初回、先頭の1番桑原が右前打で出塁すると、一死後、3番ロペスが左翼席への10号2ランを放ち先制。その後、先発の今永が逆転を許したが、6回は相手失策と4番筒香の敬遠四球などで、二死一、二塁の好機を作った。

 ここで打席に入ったのは、得点圏打率.375を誇る宮崎。今季好調な5番打者は千賀のフォークをじっくり見極めると、フルカウントからのフォークにも手を出さず、四球出塁で二死満塁の好機拡大を演出した。

 続く6番戸柱は簡単に追い込まれたものの、こちらは2ストライクから粘り1ボール2ストライク。そして7球目の直球に食らいつくと、これが右中間へ落ちる逆転2点適時打となった。

 DeNAは1点リードの8回にも、筒香と宮崎の連打で一死一、三塁の好機。ここでまたしても戸柱が右前にポトリと落ちる適時打を放ち、5-3とリードを広げた。

 先発の今永は4回、二死から7番松田に痛恨の逆転3ランを浴びるも、5回以降はピンチで粘り6回3失点。逆転した7回からはパットン、三上、山崎康の必勝リレーで締め、今永が3勝目(3敗)、山崎康は6セーブ目を手にした。

 ソフトバンクは6連勝中の千賀が踏ん張れず、8回途中5失点(自責点3)で2敗目。打線は7回以降、DeNA救援陣の前に無安打に封じられた。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報