ここから本文です

CL史上初の連覇!偉業達成のジダン「歴史的な一日」「ユーベから4点は簡単ではない」

6/4(日) 12:48配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の試合後のコメントを欧州サッカー連盟の公式サイトが伝えている。

 3日、レアルはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝でユベントスと対戦し、4-1で勝利。通算12度目の欧州制覇を成し遂げた。ジダン監督は、昨シーズン途中でラファエル・ベニテス前監督から引き継ぎ、初年度で欧州CL制覇。そして、今シーズンはリーガエスパニョーラ優勝に加えて、大会史上初の欧州CL連覇も果たした。

「ものすごく嬉しい。目覚ましいシーズンだった。これ以上は望めないよ。リーガ優勝を最終節で決め、UEFAチャンピオンズリーグでは2年連続決勝進出という至難のわざをやってのけた」

 喜びを爆発させるジダン監督。試合を振り返り、「決勝は最高のチームで戦った。前半は互角に近かった。ハーフタイム中、選手たちには今のプレーを続けつつ、プレスとパス回しにもっと力を入れるように言った。すると後半は目覚ましい戦いを見せた。パス回しもチームの動きもファンタスティックだったね。ユベントスから4点を奪うのは、簡単なことではない」と、古巣撃破の選手たちを称えた。

「今日は選手とスタッフ、すべてのファンを含めた全マドリーファミリーにとって、歴史的な一日となった。来シーズンはさらに大変になり、我々には連覇に向けて一層のハードワークが求められるが、今日ばかりは非常に優れたチームであることを証明できたという事実を満喫していいと思う」

最終更新:6/4(日) 12:48
ゲキサカ