ここから本文です

上位追撃へ負けられない神戸が最終盤に個の強さ!札幌は逆転負けで4連敗

6/4(日) 15:06配信

ゲキサカ

[6.4 J1第14節 札幌1-2神戸 札幌ド]

 ヴィッセル神戸が敵地で北海道コンサドーレ札幌に2-1で逆転勝ちした。神戸はリーグ戦3戦ぶりの勝利。一方の札幌はリーグ4連敗となった。

 先制は札幌だった。開始3分、左サイドでCKを獲得すると、DF福森晃斗が上げたクロスをFW都倉賢が折り返す。これをFWジュリーニョが押し込み、幸先よく先制に成功した。ただ札幌は同29分に決定機を福森が決めきれないなど、追加点のチャンスは逃す。

 すると、前半終了間際のラストプレーだった。神戸は左サイドからMF大森晃太郎がクロスを上げると、MF小川慶治朗が頭で合わせる。やや距離がある難しいシュートに思えたが、力強いシュートがゴールネットを揺らした。

 後半は札幌がチャンスの数で上回る。しかし後半37分の福森のFKからを取った都倉が左足ダイレクトで合わせるが、シュートは枠上に外れる。同39分にもMF荒野拓馬の右クロスからMF宮澤裕樹がフリーでゴール前に走り込むが、シュートは枠右に外れていった。

 ただまたも神戸が終盤の勝負強さを見せる。後半45分、右サイドからDF藤谷壮が上げたクロスを味方ががミドルレンジに落とす。待っていたMFニウトンが左足を振りぬくと、相手に当たってコースが変わったシュートがゴール左隅に収まった。個の力で上回った神戸が勝ち点3を手繰り寄せた。

最終更新:6/4(日) 15:06
ゲキサカ