ここから本文です

“マケオワ”丸藤&谷口が怪物外国人組撃破でGHCタッグV1

6/5(月) 0:00配信

デイリースポーツ

 「プロレス・ノア」(4日、後楽園ホール)

 GHCタッグ選手権試合が行われ、王者の“マケタラオワリ”丸藤正道、マイバッハ谷口組が怪物外国人コンビのコーディ・ホール、ランディ・レイン組の挑戦を退けて初防衛に成功した。

【写真】マイバッハ谷口、妻はあの美女レスラー

 身長207センチのホールと195センチのレインが繰り出す、高々と持ち上げてのチョークスラムなどの荒削りなパワー殺法に圧倒された王者組。だが、丸藤の鋭いチョップ攻撃や、俊敏性と連係で対抗する。

 そして終盤、谷口がレインをパワーボムの形で持ち上げたところに丸藤が不知火を決める合体技でチャンスをつかみ、丸藤の谷口を踏み台にしての虎王、谷口のマイバッハボム・ツヴァイをたたみ掛けてレインを葬り去った。

 試合後、王者組が花道を引き揚げてインタビューに応じていると、5月23日の後楽園ホール大会で丸藤との一騎打ちに敗れたマサ北宮が登場。「丸藤、5月で決着ついたなんて、甘っちょろいことは言わせねえ。次はタッグのベルトだ。どうだ、しつこいか、うっとうしいか」などどまくし立てて、王座挑戦をアピールした。

 これに対して丸藤は「またアイツか」とあきれ顔を浮かべながらも、「何度でもやってやる。パートナーは誰だ?(中嶋)勝彦か。誰でもいいぞ」と受けて立つ構えを示した。