ここから本文です

【インディカー】ポールポジション獲得の佐藤琢磨「ミスなく、やれることは全てやった」4位フィニッシュ

6/5(月) 12:13配信

TopNews

インディカー第7戦デトロイトのレース2で、インディ500勝者の佐藤琢磨(No.26 アンドレッティ・オートスポーツ)は予選でポールポジションを獲得した。2014年デトロイト戦以来となる3年ぶりのポールだった。

■佐藤琢磨、レースでは「スピードが足りなかった」

ポールポジションからスタートした琢磨だったが、ペンスキー/シボレー勢の勢いがよく、4位フィニッシュが精一杯だった。

レースは、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン/ホンダ)が優勝。レース1に続き2連勝を飾った。

レース後、佐藤琢磨は「堅実な結果でした。チームは素晴らしい仕事をしたと思う。僕たちにできることは全てやって、ミスはなかったのですが、今日はスピードがあまりありませんでした」

■ランキング3位

佐藤琢磨は、ポイントランキングでトップから11点差のシリーズランキング3位につけている。1位はスコット・ディクソン、2位はエリオ・カストロネベスだ。

最終更新:6/5(月) 12:13
TopNews