ここから本文です

香港・大埔に水上アスレチック「水上楽園」 湖上に12のアトラクション

6/5(月) 0:52配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 夏本番を迎える香港の大埔(Tai Po)郊外にある白鷺湖互動中心(Lake Egret Nature Park)の湖上(2 Hung Lam Drive, Tai Po Kau, New Teritorries, Hong Kong、TEL 2657 6657 )で6月2日、水上アトラクション「水上楽園(CORE Aqua Park)」が始まった。湖に浮かんだジャングルジムのような遊具、滑り台などのアスレチックが設置され、まるで水上のミニ版「SASUKE」のような印象だ。(香港経済新聞)

指定のライフジャケットを着るため、水に落ちても安心

 白鷺湖互動中心には、レストラン、BBQ施設、人類民俗(Museum of Ethnology)、水上ボートなどがあり、周辺施設で一日楽しむことができる。

 過去2年、香港ではアメリカ生まれのウオータースライダー「Slide the City」が啓徳空港(Kai Tak Airport)跡地と中環海濱活動空間(Central Harbourfront Event Space)で開催され、蒸し暑い香港で若者を中心に多くの人が訪れた。今年はジャングルジムなどの一般的な公園にある遊具を白鷺湖の上に浮かせるような新しい趣で、大勢の人に楽しんでもらおうというのがコンセプトだという。

 湖上には12のアトラクションがあり、5段の巨大ジャングルジム、ジャングルジムの横には巨大なクッションがあり、ジャングルジムからクッションに飛び降りると、クッションに座っていた人がその反動で池に放り投げられるアトラクション、6メートルの高さからの滑り台、垂直に近いような角度に感じる急角度の滑り台、巨大な浮輪に膜を張って作られた不安定なトランポリン、水に浮いている不安定な円盤を駆け抜けるアトラクション、1本の長いロープにぶら下がり、ブランコのように揺らせてできるだけ遠くに飛ぶもの、タイヤ型の大きな浮輪の中に人間が入り、自分が中で歩いて浮輪を回転させることで前に進むアトラクションなど。単純に楽しめるだけではなく、自分の運動能力次第のアトラクションを集めた。

 時間は1時間1セッション(最初に10分の安全説明あり。セッションあたり最大100人)で区切り、10時開始。月曜~金曜は5セッションを設定し、最後のセッションは16時にスタート。土曜・日曜は6セッション行い、最終セッションは17時30分開始。料金は1セッションオンライン=108香港ドル、当日券=138香港ドル。年齢は6歳以上で、身長は1メートル以上。12歳以下は大人の同伴が条件。

 開催期間中は大埔墟(Tai Po Market )駅そばのショッピングモール新達廣場(Uptown Plaza)から30分おきに無料のシャトルバスが運行されている。9月末までを予定。

みんなの経済新聞ネットワーク