ここから本文です

オンライン決済サービス15選。手軽な決済方法で、アパレルECはもっと身近になる

6/5(月) 8:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

スマートフォンの普及に伴い、アパレルECを利用する消費者が増えてきています。スマートフォンが身近な存在になるにつれて、オンライン決済もまたそれに見合った手軽さが求められるのは当然の流れです。近年注目を集めている決済フローを簡易にできるオンライン決済サービスは、アパレルECにとってきわめて重要な存在と言えるでしょう。

 

少ない手順で決済できるサービスが増加中

従来、アパレルECではクレジットカードや銀行振込、あるいは後払い決済や商品代引きが中心でした。しかし、スマートフォン経由の利用者が年々増加するに伴い、決済プロセスを改善してコンバージョンをいかにアップさせるかが重要な課題となってきています。

そうした状況において、できる限り少ないステップで決済を可能にするオンライン決済サービスを、ECサイトに導入しようとする動きが目立ってきています。それぞれのサービスの特徴をご紹介します。


表 オンライン決済サービス一覧(2017年5月版)

各サービスの公式サイトで公開されている情報をもとに編集部で作成(情報は5月17日現在のものです)。※6月6日、表の一部を修正いたしました



オンライン決済サービスとしてリーダー的な存在が、世界で1億8,000万以上のアクティブユーザを抱える「PayPal(ペイパル)」です。

口座を開設し、クレジットカード情報を含む個人情報を登録するだけで利用できて、初期費用も口座維持手数料も無料。支払い時にはメールアドレスとパスワードを入力するのみという手軽さです。店舗側ではカード情報のやり取りも発生しません。

購入消費が届かない、または紹介されている状態と著しく異なる場合などに適用される「買い手保護制度」や、入金手続きの早さなども支持されている理由です。ヤマダ電機の公式通販サイト「ヤマダウェブコム」などで導入されています。



一般ユーザ向けの「フリープラン」で、月10万円まで決済手数料が無料という画期的なシステムでシェアを伸ばしているのが「SPIKE(スパイク)」。中規模ECを対象にした「ビジネスプレミアム」でも、月額3,000円、決済手数料も1件につき2.55% + 10円(JCB、AMEX、Dinersの場合は3.4%+30円)と格安です。



スタートアップや中規模ECに最適なサービスと言えそうなのが「Stripe(ストライプ)」。2016年10月に日本国内でサービスを開始した注目のオンライン決済サービスです。

スクリプトコードをサイトに埋め込むだけで導入でき、事前審査や開設のための初期費用も不要。商品購入に際しては、ユーザ登録やPayPalのように決済用のサイトへ飛ばすことなく手続きが完了するという手軽さが特徴です。



無料ショッピングカートASPのBASEが2015年に提供を開始した「PAY.JP(ペイドットジェイピー)」は、コスト面で強みを発揮しています。プロプランなら、月額費用10,000円で手数料が2.59%(JCB、AMEX、Discover、Dinersであれば3.3%)。その他の固定費は発生しません。

決済単価や月の決済回数によっては、月額費用が無料のベーシックプラン(VISA、Master:3.0%、JCB、AMEX、Discover、Diners: 3.6%)がリーズナブルな場合も。



クレジットカードを持たない若い世代向けのサービスとして注目を集めているのが「Paidy(ペイディー)」。商品購入時にはメールアドレスと電話番号を入力し、支払いは翌月、コンビニや銀行振込でまとめて行うというもので。分割払いにも対応しています。fifthやSHOPLIST.comなど、若い層向けに商品を展開するアパレルECが多く導入しています。

□  

1/3ページ