ここから本文です

真矢ミキ 橋爪遼容疑者逮捕にショック「すてきな俳優さんだった」

6/5(月) 11:11配信

東スポWeb

 女優の真矢ミキ(53)が5日、MCを務めるTBS系「ビビット」に出演し、俳優・橋爪功(75)の息子で俳優の橋爪遼容疑者(30)が2日に覚醒剤取締法違反(所持)の現行犯逮捕に言及。共演経験がある真矢は「すてきな俳優さんだった」と語った。

 真矢と橋爪容疑者は2008年、フジテレビ系のドラマ「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」で共演。真矢は「役者として素晴らしく、役に入る前もすごくて、プロデューサーさんと『すごいことになるんでしょうね』と話していた。橋爪さんの息子さんというのを聞いて、『さすがですね』」と、将来が楽しみな存在だったことを明かした。

 当時の撮影現場について「若者がすごく出るドラマだったので、若い人が集まると、仕事と違う話でワーッと盛り上がってしまうところを、(橋爪容疑者は)一人冷静に役と向き合って待っていられるような方。しっかりした演技をして、静かに帰っていった」と、役者としての姿勢を称賛。移送される映像は「ドラマにしか見えなかった」と、逮捕を残念がった。

 コメンテーターのカンニング竹山は、橋爪功が「親の責任」として活動自粛も検討している点について「被害者が出ているわけでもない。今回の件は、親には関係がない」と主張。「こういう事件を起こせば、親に迷惑がかかるのを分かっていながら、なぜやってしまったのか」と疑問を投げかけ、「覚醒剤は依存症ですから、絶対にやめられない。これから周囲のサポートが必要になる」と力説した。

 橋爪容疑者の所属事務所は「芸能界と違法薬物の決別が叫ばれる中、違法薬物を所持していたことは決して許すことができない」として、3日付で同容疑者を解雇した。

最終更新:6/5(月) 11:38
東スポWeb