ここから本文です

海洋堂からウルトラマンBタイプとウルトラマンエースの超絶リアルフィギュアが登場!

6/5(月) 12:02配信

ファミ通.com

●スーツの皺までも再現したリアルフィギュアの決定版が登場!
 海洋堂は、実物と見間違えるほどリアルな造形を得意とする木下隆志氏の手による“ウルトラマンBタイプ”と“ウルトラマンエース”の1/5スケール Character Classics フィギュアを制作。2017年8月25日に発売すると発表した。

 以下、リリースより。

----------

●ウルトラマンBタイプ 1/5スケール Character Classics
 試行錯誤が繰り返されて製作された13話までのウルトラマンのスーツに変わって新調された、通称「Bタイプ」と呼ばれるスーツは、つなぎ目などが露出しない、もっとも完成度の高いウルトラマンのスーツとして知られる。また全39話中、第14話から29話という全話通してもっとも多く使用されたスーツでもある。
 このBタイプの特徴を余すことなく再現し、魅力のある立体物として木下隆志が表現。これまでに何体ものウルトラマン造形を行った木下だが、今回の製作にあたり改めて実物のリサーチを詳細に行い製作。それは「人生で製作するBタイプはこれが最後」と言い切る程の自信作で、木下ウルトラマンの決定版!

【商品スペック】
■商品名   :ウルトラマン Bタイプ
■シリーズ  :Character Classics
■品番    :CC03
■JAN     :4537807070326
■発売時期  :2017年8月25日
■価格    :29,800円(税抜)
■仕様    :コールドキャスト製完成品モデル
■サイズ   :全高:330mm
■付属品   :専用台座
■原型制作  :木下隆志

●ウルトラマンエース 1/5スケール Character Classics
 ウルトラマンエースは初代ウルトラマンとは異なる大きく作られたマスク、本格スーツアクターのがっちりした体型など、写実的に再現することで立体物としての魅力が軽減されてしまいそうな造形的に難易度の高いモチーフである。
 そんなリアル系造形師泣かせのウルトラマンエースを、木下隆志が端正でありながら実物のイメージをまったく損なっていない表現で造形した。
 本来の美しいデザインコンセプトを際立たせたマスク造形、実際のアクターの体型を表現しつつも、姿勢や微妙なアレンジで立体映えを優先し、前代未聞ともいえる、「リアルで美しいウルトラマンエース」の造形に成功した。

【商品スペック】
■商品名   :ウルトラマンA(エース)
■シリーズ  :Character Classics
■品番    :CC04
■JAN     :4537807070319
■発売時期  :2017年8月25日
■価格    :29,800円(税抜)
■仕様    :コールドキャスト製完成品モデル
■サイズ   :全高:330mm
■付属品   :専用台座
■原型制作  :木下隆志

【シリーズ紹介】
心に思い描くキャラクターのイメージを正確に立体表現!
至高の美と写実主義ではない究極のリアリズム表現
木下隆志が魅せるキャラクター造形の真骨頂
 木下隆志は実際の目で見て脳が認知する網膜像ではなく、心の中で脳が抱くイメージ像を造形で具現化できる類い希な造形作家である。モチーフの単なるコピー表現ではなく、人々が頭の中で作り上げる感覚的イメージを突き詰める表現により、“実物よりも本物っぽい”と感じる造形物を産み出すことができるのだ。その手法はモチーフを写実的にリサーチした上で、頭身など体型を為すアウトラインのバランス変更、仕上がり時の見映えを考慮したディテール再現を加減する。
 この一歩進んだリアリズム造形により、“誰もが心に思い描くキャラクターのイメージ”を正確に立体表現できる唯一無二の造形作家であるといえる。

木下隆志
 1988年、ガレージキット黎明期を経てメーカーとして確立した海洋堂に造形師として参加。以来30年間、海洋堂所属の造形スタッフとして第一線で活躍する。当初は写実的造形を極め、実物と見間違えるほどリアルな造形を得意とし、ウルトラマンなどのキャラクターから昆虫や恐竜など幅広いフィギュアの原型制作を手がけていた。
 近年では海洋堂が企画するカプセルトイシリーズ「カプセルQミュージアム」でメイン造形師として活躍している。

最終更新:6/5(月) 12:02
ファミ通.com