ここから本文です

長嶋さん故郷・佐倉市は大フィーバー!開門前に800人行列 

6/5(月) 6:05配信

スポーツ報知

◆イースタン・リーグ 巨人3―2ロッテ(4日・佐倉)

 故郷・佐倉市はフィーバーが巻き起こった。早朝から球場最寄り駅の京成佐倉駅にはシャトルバスを待つ大勢のファンが長蛇の列を作った。タクシーの運転手は「朝から球場と駅を何回もピストンしましたよ。ありがたいことです」と“ミスター効果”を実感していた。

 午前10時の開門前には巨人ファンが並ぶ右翼ポール外に設置された受付から、バックスクリーン外に延びた通路に約800人の行列ができた。三塁側のロッテファンと合わせると約1300人が今か、今かと開門を待ちわびた。

 巨人ファンが並ぶ列の先頭にいた佐倉市在住の会社員・荒井浩一さん(52)は長嶋さんファン歴48年。「午前4時から並んでいた」といい、「今までにミスターが来た上での試合開催がなかったのがおかしいくらい。故郷に錦を飾ってくれた。感無量です」と喜んだ。

 球場に詰めかけた観客は主催者の公式発表によると3200人。前売りチケットは発売後すぐに完売し、惜しくもチケットを手に入れられなかった人は球場のフェンス越しから顔をのぞかせた。メディアでは地元ケーブル局を合わせてテレビカメラ9台、報道陣33社81人が集結。ミスターの人気ぶりを物語った一日となった。

 背番3Tシャツ着て試合前練習

 試合前の練習では選手とスタッフが「長嶋茂雄記念岩名球場リニューアル記念Tシャツ」を着て汗を流した。ドラフト3位の谷岡=東芝=は背中に入った3番について「かっこいいですねえ。永久欠番ですよね? 似合ってますか?」と笑顔。「長嶋さんにお会いするのは宮崎キャンプの時以来でしたが、オーラもすごかったです」

最終更新:6/5(月) 6:05
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ