ここから本文です

台湾の成人喫煙率15.3% 41~45歳男性が最多

6/5(月) 18:24配信

中央社フォーカス台湾

(台北 5日 中央社)2016年の台湾の成人喫煙率は15.3%だったことが3日、行政院(内閣)主計総処発表の統計で分かった。前年より1.8ポイント減少。男女・年齢別では41~45歳の男性が42.4%で最多だった。

男女別では男性28.6%、女性3.8%。女性で最も喫煙率が高い年齢層は31~35歳で11.6%だった。男性は、公共の場における禁煙範囲を拡大した改正法が施行される前の2008年に比べ、10.0ポイント低下した。

青少年の喫煙率は高校生9.3%、中学生3.7%。高校生は前年比1.1ポイント減少した一方、中学生は0.2ポイント増加した。

(陳政偉/編集:名切千絵)