ここから本文です

県立図書館、夏休みの宿題アドバイス 小中学生対象に参加者募集

6/5(月) 7:00配信

茨城新聞クロスアイ

県立図書館(水戸市三の丸)は、小中学生を対象とした夏休みイベントの参加者を募集している。夏休みの課題となる読書感想文の書き方や、自由研究に役立つ図書館の利用法を、同館職員が解説する。

「読書感想文書き方のコツ」講座は、小学2~4年生が対象。本を読む楽しさを味わうとともに、自分の思いをどう人に伝えるかについてアドバイスする。

「めざせ図書館マスター!」講座は、小中学生が対象(親子での参加可)。たくさんの本が所蔵されている図書館を上手に利用するために、本の並び方や探し方、調べ方のコツを教える。

読書感想文講座は7月1、23、8月5日の全3回で、全てに参加が条件。小学2年生は午前9時10分~同10時半、3・4年生は午前10時40分~正午。場所は同館3階会議室。定員はともに16人で抽選。

図書館マスター講座は7月28日に実施。小学1年~3年生は午前10時~正午、小学4年~中学生は午後1時半~同4時。場所は同館1階こどもとしょしつなど。定員は各回12人で抽選。

申し込みは電子メール、ファクス、郵送(感想文は往復はがき)のいずれかで。締め切りは感想文が16日、マスターは7月14日。詳細は同館(電)029(221)5569、ファクス029(228)3583。メールアドレスinfo@lib.pref.ibaraki.jpまで。

茨城新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ