ここから本文です

巨体揺らし大激走 燕バレンティンはメジャー再挑戦へ血眼

6/5(月) 12:11配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 4日、西武戦で延長の末に引き分けたヤクルト。0―8と劣勢だったが、反撃の口火を切ったのは主砲のバレンティン(32)だった。

 四回にソロ弾を放つと、2点差にまで追い上げた九回裏2死走者なしの場面では、三遊間へのゴロを打って巨体を揺らしながら大激走。内野安打になるも、右ヒザの裏側を痛めて途中交代となった。病院には行かず、5日は休養するという。

 バレンティンは今オフのメジャー再挑戦を視野に入れている。今年は大谷(日本ハム)や菊池(西武)らの視察のため、多くのメジャースカウトが来日している。誰がどこで見ているかわからないので、常にスカウトへのアピールを意識しているようだ。

 今季にかける思いはバットにも表れている。

 数年前から続けてきた「日替わりバット」のメーカーを一部変更。5月2日の阪神戦から長く使っていた「オールドヒッコリー」をやめ、「ビクタス社」にかえた。現在は「ビクタス社」「マルッチ社」「サムバット社」「SSK社」の4種類のメーカーを使用している。材質は反発力の強い、超ハードな特注の「プレミアムメープル」にこだわっている。

 バレンティンは「ヒットが出たらそのバットを使い続けるけど、打てなかったら違うのにかえる。気分的なものが大きい」という。この日ホームランを打ったバットは「SSK」のオレンジバットだった。

 2日の試合前練習では、レフトからライト方向への強風を見て、流し打ちでスタンドインを連発。結果へのこだわりは間違いなく例年以上だ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 4:30