ここから本文です

中国、流動性を安定維持の方針 経済改革も継続へ=人民銀副総裁

6/5(月) 8:51配信

ロイター

[北京 3日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露・副総裁は3日、北京で開かれた金融に関する会合で、中国当局は「引き締め過ぎでも過度に緩和的でもない」金融政策を維持し、基本的に安定した流動性を確保すると語った。

中国メディアが発言を伝えた。

陳副総裁は、経済構造改革は政府の政策ツールとして果たす役割の重要度が増しているとも述べた。

陳副総裁の発言は、人民銀行や他の当局者が最近示した見解と一致する内容だった。

副総裁はまた、政府が供給側の改革を進める一環で、人民銀行は総需要の管理を継続すると表明。

企業に対しては、金融事業にむやみに参入せず、中核事業に専念するよう警告した。

最終更新:6/11(日) 22:44
ロイター