ここから本文です

【フィリピン】露自動車メーカーのワズ、比市場に進出

6/5(月) 11:30配信

NNA

 ロシアの自動車メーカー、ワズ(UAZ)がフィリピン市場進出を決めた。地場の輸入車販売代理店スカイ・グリーン・インポーツ(SGI)と組んで、オフロード車「ハンター」を発売する。2日付スターが伝えた。
 ワズとSGIは先ごろ提携で合意した。SGIがワズ車のフィリピンの独占販売代理店となり、まずハンターの販売を開始する。続いてピックアップトラック「ワズ・ピックアップ」、スポーツタイプ多目的車(SUV)「パトリオット」も投入する計画だ。SGIは7月までにワズ車のショールームを開設し、販売網を整備する。
 ワズは軍用車メーカーとして発足した企業。ロシアで唯一のSUVメーカーで、海外ではベトナム、ラオス、カンボジア、インドネシア、中国に販路を持つ。フィリピンは経済が急成長していることから、有望市場とみなし、進出を決めた。
 ハンターは軍用車をモデルとした四輪駆動車。SGIは道路事情が悪いミンダナオ、ビサヤ地方に適した車種とアピールしている。第1弾として27台を輸入する予定だ。

最終更新:6/5(月) 11:30
NNA