ここから本文です

フランス出身のピアニスト、ジャン・ミシェル・ピルクがソロ公演を開催

6/5(月) 18:29配信

CDジャーナル

 フランス出身のピアニスト、ジャン・ミシェル・ピルク(Jean-Michel Pilc)が来日し、ソロ公演を開催。6月19日(月)千葉・柏 STUDIO WUU、21日(水)東京・新宿 Pit Inn、23日(金)静岡 LIFE TIME、6月24日(土)愛知・名古屋 STAR EYES、25日(日)東京・南青山 BODU & SOULの5公演。さらに、20日(火)14:00より南青山 BODY & SOULにてワークショップの開催も決定しています。
 
 1960年、パリ生まれのピルク。9歳で始めたジャズ・ピアノは、ほとんど独学でマスター。87年まではフランス国立特別研究所に勤務してロケット開発に携わっていたという異色の経歴の持ち主です。ミシェル・ポルタルやロイ・ヘインズら欧米の著名な音楽家との共演や映画音楽の制作などを経て、95年に渡米。現在はニューヨークを拠点に、自己のレギュラー・トリオやソロで活動を続けています。仏ジャズ界の最高栄誉〈ジャンゴ・ラインハルト賞〉も受賞している鬼才ピアニストのソロ公演です。

最終更新:6/5(月) 18:29
CDジャーナル