ここから本文です

韓国 けさのニュース(6月5日)

6/5(月) 9:46配信

聯合ニュース

◇青瓦台・政府・与党による会議開催 文政権発足後初

 与党の共に民主党、政府、青瓦台(大統領府)は5日午前、ソウルの首相公邸で会議を開く。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、同会議が開催されるのは初めて。会議には、共に民主党から秋美愛(チュ・ミエ)代表や禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表らが、政府からは李洛淵(イ・ナクヨン)首相、洪允植(ホン・ユンシク)行政自治部長官、洪楠基(ホン・ナムギ)国務調整室長、青瓦台から張夏成(チャン・ハソン)政策室長、田炳憲(チョン・ビョンホン)政務首席秘書官、金秀顕(キム・スヒョン)社会首席秘書官が出席する。

◇インドが韓国製品の輸入規制強化

 文在寅政権が代表的な新市場として注目したインドが韓国製品の輸入規制を強化していることが分かった。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)と韓国貿易協会によると、インド政府は5月上旬現在、韓国産製品に対し32件の輸入規制を施行または調査中だ。規制件数は世界で最も多く、2位の米国(24件)より8件多い。

◇米女子ゴルフツアー 韓国の金寅敬が優勝

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは4日、ニュージャージー州ギャロウェーのストックトン・シービューGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、韓国の金寅敬(キム・インギョン)が通算11アンダー、202で優勝した。通算5勝目。

◇韓国上場企業の輸出 昨年は前年比2.5%減少

 韓国有価証券市場の上場企業の輸出規模がやや減少したことが5日、分かった。韓国取引所によると、有価証券市場に上場している製造会社のうち12月決算の上場企業345社の事業報告書を分析した結果、昨年の輸出額は431兆4689億ウォン(約42兆5700億円)で、前年(442兆6620億ウォン)に比べ2.53%減少した。

◇外国人講師は「労働者」 退職金受給可能=韓国で判決

 外国語学院と契約し働いた外国人講師は個人事業者でなく労働者に該当し、退職金を受け取ることができるとの判決が出た。ソウル中央地裁は5日、米国人講師ら5人が外国語学院を相手取り、退職金などの支払いを求めた訴訟で原告一部勝訴の判決を下したと明らかにした。

最終更新:6/5(月) 15:27
聯合ニュース