ここから本文です

藤枝順心V6、常葉大橘下す 静岡県高校総体サッカー・女子

6/5(月) 8:22配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ■サッカー(エコパスタジアム)

 ▽女子決勝

 藤枝順心 2(0―0 1―1 延長 1―0 0―0)1 常葉大橘

 ▽得点者【藤】江刺(田中)田中(PK)【常】市川碧(小池)



 ■底力発揮、競り勝つ

 昨年の全国総体を制した女王が、底力を発揮した。藤枝順心は2年連続の延長戦となった女子決勝で常葉大橘に競り勝った。

 先制点は後半18分。「高いレベルに挑戦したい」と常葉橘中から順心の門をたたいた江刺が、センタリングに頭で合わせた。「今まで大舞台でゴールを決められなかった。今日は絶対点を取りたかった」。かつてのチームメートに成長した姿を見せた。

 終了間際に追い付かれたが、順心イレブンは動じなかった。延長開始直後から立て続けにシュートを放ち、今田が倒されてPKを得た。2年の田中が落ち着いて決めた。

 全国のチームから追われる立場になっても、選手に気負いはない。「自分たちのサッカーを最後まで貫き、1試合1試合成長したい」と主将の千葉。先輩が登り詰めた頂を静かに見据える。

静岡新聞社