ここから本文です

日本ハム・近藤 再検査でも「異常なし」

6/5(月) 11:43配信

東スポWeb

 右太もも裏に張りを訴え4日の阪神戦(甲子園)を欠場していた日本ハムの「4割打者」近藤健介捕手(23)が5日、札幌市内の病院で再検査を行った結果、異常所見はみられなかった。

 近藤は前日4日、兵庫県西宮市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた結果、患部に出血、炎症はなくこの日、セカンドオピニオンとして札幌の病院で再検査を受けた。

 球団は「自覚していた張りの症状も徐々に回復しているため、明日以降は状態を確認しながら試合準備を行う予定です」との見解を発表した。

 近藤はここまで球団記録を更新する出場49試合で打率4割をキープ(4割9厘)。2位の西武・秋山翔吾外野手(打率3割4分2厘)に6分7厘差をつけパ・リーグ打撃部門のトップを快走している。

最終更新:6/6(火) 11:37
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 15:00