ここから本文です

GLIM SPANKY、日比谷野音に降臨!「世界の音楽シーンで話に上がるようなアーティストになれるよう努力します」

6/5(月) 12:08配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

4月にミニアルバム『I STAND ALONE』を発売し、5月に入り、様々なフェスやイベントに出演。会場を大いに盛り上げてきたGLIM SPANKY。そんな彼らが、6月4日、東京・日比谷野外大音楽堂にて『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』を開催した。

【詳細】他の写真はこちら

自身初の野外ワンマンライブのチケットはソールドアウト。急きょ発売された会場後方の立ち見スペースも大勢の人で埋め尽くされた。

オープニングの登場シーンでは、メンバーが一人ひとり登場すると、待っていた観客からの大歓声が沸き起こり、今のGLIM SPANKYの勢いを感じさせた。1曲目は「アイスタンドアローン」。「アイスタンドアローン」の音色と、多くの樹木に囲まれた日比谷野音のステージが重なり合う。

続いて、インディーズ時代に発売したミニアルバム『MUSIC FREAK』より「ダミーロックとブルース」や、メジャーデビュー後の1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』より「褒めろよ」、2ndアルバム『NEXT ONE』より、昨年、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となりヒットし世界中に届いた「怒りをくれよ」、ミニアルバム『I STAND ALONE』よりテレビ朝日系列『警視庁・捜査一課長 season2』主題歌となった「美しい棘」を披露。新旧アルバムから楽曲を織り交ぜたライブとなった。

途中、松尾レミは「ロックは反発や激しいというだけじゃなくて、平和や愛や希望の上に成り立つ、それをGLIM SPANKYが証明します!」と、ファンの気持ちを掴んだ。

さらに、松尾レミは「GLIMが、日本だけでなく世界の音楽シーンで話に上がるようなアーティストになれるよう努力します」と大勢の観客に向けて宣言。最後に「ワイルド・サイドを行け」を演奏し、全20曲を披露し、3,000人を集めた初の野外ワンマンライブの来場者を大いに盛り上げた。

なお、このライブの模様は当日のWOWOWで生中継され、全国のファンにGLIM SPANKYの楽曲が届けられた。

6月17日には、大阪城音楽堂にて自身2回目の野外ワンマンライブが行われる。

PHOTO BY HAJIME KAMIIISAKA

リリース情報
2017.04.12 ON SALE
MINI ALBUM『I STAND ALONE』

ライブ情報
GLIM SPANKY 野音ライブ 2017
06/17(土)大阪・大阪城音楽堂

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/