ここから本文です

【英国】ロンドン中心部でテロ、7人死亡 過去3カ月で3度目の攻撃

6/5(月) 11:45配信

NNA

 ロンドン中心部のロンドンブリッジで3日午後10時ごろ(現地時間)、白いバンが歩道に乗り上げ次々と歩行者をはねる事件が発生した。車を乗り捨てた3人の男は、橋の近くの人気食材市場バラ・マーケットにあるバーで客を次々と刺した。少なくとも7人が死亡し、48人が負傷している。メイ首相は翌日午前に危機管理委員会(COBRA)を開き、イスラム過激思想に感化された者によるテロとの見方を示した。BBC電子版などが伝えた。
 目撃者は「バンが猛スピードで歩道に突っ込み、欄干に追突するまで通行人をはねた」と証言。事件が起きたロンドンブリッジ周辺は、週末の夜とあって混雑していた。居合わせた通行人は、ロンドンブリッジ駅などに一時避難。負傷者はロンドン市内の5つの病院に搬送された。
 3人の実行犯は現場に駆け付けた警官により全員射殺された。警察当局はロンドン東部のバーキングで、うち1人が住んでいたアパートに踏み込み、12人を逮捕している。
 英国では3月、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)付近でも同様のテロ事件が発生。犯人含め5人が死亡した。先にはマンチェスターで自爆テロが起き、少なくとも22人が死亡し、60人近くが負傷している。
 ■総選挙は予定通り実施
 メイ首相はCOBRAの後、首相官邸前で声明を読み上げ、「もう十分だ」「事件が続くのを見過ごすことはできない」と強い口調でテロへの対決姿勢を鮮明にした。
 また、8日の総選挙は予定通り実施すると断言。4日はほとんどの選挙活動が停止されていたが、5日以降は再開される見通し。なお、テロ警戒レベルは5段階で上から2番目の「シビア(深刻)」に据え置かれた。

最終更新:6/5(月) 11:45
NNA