ここから本文です

柴崎岳、格下に敗戦で評価下げる…現地紙「居場所を見つけることも示すこともできず」

6/5(月) 13:24配信

GOAL

テネリフェに所属するMF柴崎岳が評価を下げている。

テネリフェは4日、リーガ2部第41節でヒムナスティック・タラゴナと対戦。前節加入後初ゴールをマークした柴崎は先発出場した。しかし、テネリフェは3部降格の可能性を残すヒムナスティック相手にホームでまさかの敗北を喫している。

フル出場した柴崎に対しても評価は芳しくなく、地元紙『デポルプレス』は「ポジションを数メートル下げ、サイドに寄った後半までは、その居場所を見つけることも示すこともなかった」と厳しい寸評を記した。

また、『エル・ドルサル』は「6」の採点を付けたものの、「日本人選手は意欲こそ見せたが、最高の午後にはできなかった。これまで相手に打撃を与えてきた明確なアイデアを欠いた」と、ここまでのパフォーマンスに比べて物足りなかったことをマイナス点とした。

現在5位のテネリフェだが、最終節で6位以内をキープし、昇格プレーオフに参戦することはできるのだろうか。

GOAL

最終更新:6/5(月) 13:24
GOAL

スポーツナビ サッカー情報