ここから本文です

ベイルはレアル残留か 「僕も家族もここで幸せ」

6/5(月) 15:03配信

ISM

 去就が取り沙汰されているFWギャレス・ベイル(27)が、レアル・マドリー(スペイン)で幸せだと述べた。英『BBC』が現地時間4日(以下現地時間)に伝えている。

 3日のチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝でユヴェントス(イタリア)に4対1と勝利し、4年間で3度目となる欧州制覇を果たしたレアル。ベイルは77分から途中出場し、史上初のCL連覇に貢献した。

 ベイルは昨年10月にレアルと2022年までの契約を結んだが、今夏の移籍も噂されている。同選手は「トロフィーを手にしているし、僕は幸せだよ」「家族も自分自身も幸せに過ごしているし、今後もこれを続けていく」とレアル残留を示唆した。

 2013年に当時の史上最高額となる推定1億ユーロ(約130億円:当時)でトッテナム(イングランド)から加入したベイルは、「優勝するためにレアルに来たんだ。今はそれができている。だからそれを続けていきたい」「4年間で3度目のCL優勝は悪くないだろう」と満足感を表した。

 また、「僕らはもっと良くなれると思う。まだチームとしては若いし、素晴らしいメンバーなんだ」と、さらなる躍進への意気込みも示している。

最終更新:6/5(月) 15:07
ISM