ここから本文です

寄り付きの日経平均は反落、円高懸念で売り先行

6/5(月) 9:19配信

ロイター

[東京 5日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比41円86銭安の2万0135円42銭となり、反落して始まった。5月米雇用統計が市場予想を下回る内容となり、為替が円高に振れていることを嫌気した。

日本株は直近急上昇の反動もあり、利益確定売りが先行している。もっとも、良好なファンダメンタルズが支えとなり、下げ幅は限定的。輸送用機器、鉄鋼、非鉄が安い。半面、電機、情報・通信はしっかり。

最終更新:6/11(日) 8:47
ロイター