ここから本文です

アザール、レアル移籍は「オファーがあれば、もちろん検討する」

6/5(月) 15:05配信

ISM

 チェルシー(イングランド)MFエデン・アザール(26)が、レアル・マドリー(スペイン)からオファーが届けば、移籍を検討すると述べた。英『スカイスポーツ』が現地時間4日に伝えている。

 アザールは今季、プレミアリーグ36試合で16ゴールを挙げ、チェルシーの優勝に大きく貢献。同クラブとは2020年までの契約を結んでいるが、レアルへの移籍が度々噂されている。

 現在ベルギー代表に帯同中のアザールは、欧州王者への移籍の可能性について問われると、「もしマドリーがオファーを提示してきたら、もちろん検討するだろう」「僕はトロフィーを手にしたいんだ。チャンピオンズリーグ(以下CL)で優勝できたら、最高だろうね。でもチェルシーの目標もCL制覇だ。正直なところ、何が起きるかは分からない」と返答した。

 そのうえでアザールは、「唯一分かるのは、チェルシーとの契約はあと3シーズン残っており、僕らは素晴らしい2016-17シーズンを過ごしたということ。この道を歩み続け、そのうえでCLに進みたい。チェルシーでの居心地はとてもいい。でも、何が起きるかは決して分からない」と、残留を希望しつつ、確かなことはないと述べている。

最終更新:6/5(月) 15:07
ISM