ここから本文です

【ミャンマー】関西エアポート、ティラワ特区に給水車寄贈

6/5(月) 11:30配信

NNA

 関西エアポートは2日、運営する大阪国際空港を退役した空港用8,000リットル級給水車1台を9日に日本外交協会を通じてミャンマー最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)に寄贈すると発表した。
 大阪国際空港で2000年2月から16年1月まで約16年間使用した消防車で、車両の安全利用、保守管理のため、ミャンマーで現地消防隊員へ技術指導を行った上で引き渡す。
 給水車と、地方自治体が寄贈するポンプ車3台を9日に寄贈するのを前に、5~9日に技術支援として車両の基本操作や日常点検の方法を教え、救急救命訓練も施す。

最終更新:6/5(月) 11:30
NNA