ここから本文です

エドガー・ライト新作の予告解禁、犯罪組織の“逃がし屋”が主人公

6/5(月) 11:00配信

映画ナタリー

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」で知られるエドガー・ライトの監督作「Baby Driver」が、「ベイビー・ドライバー」の邦題で公開決定。あわせて予告編が解禁された。

犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称“ベイビー”が主人公の本作。ベイビーを「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、ヒロインのデボラを「シンデレラ」のリリー・ジェームズが演じたほか、ジェイミー・フォックスやケヴィン・スペイシーらが共演に名を連ねる。

YouTubeで公開された予告編には、ベイビーが事故の後遺症である耳鳴りを音楽でかき消しながら、ドライビングテクニックを披露するシーンを収録。また、彼がデボラと出会い「あなたの名前は?」と笑顔で尋ねられる場面も映し出される。

「ベイビー・ドライバー」は、8月19日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

最終更新:6/5(月) 11:00
映画ナタリー