ここから本文です

日産と三菱自、豪州最大級の部品/アクセサリー物流拠点を新設

6/5(月) 19:41配信

レスポンス

日産自動車と三菱自動車は6月5日、豪州現地販売会社である豪州日産およびミツビシ・モーターズ・オーストラリアを通じ、共同で部品およびアクセサリーの倉庫・物流業務を行っていくと発表した。

今回の発表は、昨年10月に日産が三菱自動車とグローバルなアライアンス関係を確立したことに基づくもの。豪州における新たな協力関係は、まず同国内での各社ブランドの部品およびアクセサリーの倉庫および物流業務の共有からスタートする。メルボルン郊外に物流拠点「ナショナル・パーツ・ディストリビューション・センター」を新設。両社は、スケールメリットにより様々な利益を享受することになる。

ナショナル・パーツ・ディストリビューション・センターは、豪州最大級の自動車関連物流施設となる予定で、今年末までの完成を目指す。3万6000平米以上の敷地にて、自動車部品およびアクセサリーの迅速で効率的な輸送のために業界トップの技術およびプロセスを採用。新施設は、日産および三菱自の豪州国内販売ネットワークにとって主要な倉庫となると同時に、ルノーおよびインフィニティにも対応していく。

また両社は同日、豪州、ニュージーランド、カナダにおいて三菱自動車ブランドの販売金融事業を開始することも発表。今回の協業では、現地の日産販売金融子会社が三菱自動車ブランドの卸売および小売の金融サービスを開発・提供する。新たに提供するサービスは、ミツビシ・モーターズ・フィナンシャル・サービスのブランド名を独占的に使用し、豪州とニュージーランドで6月より、カナダで7月よりそれぞれ、個人客向けに提供を開始する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/5(月) 19:41
レスポンス