ここから本文です

清水、エース鄭大世不在響く J1リーグ第14節

6/5(月) 9:22配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 試合が終了すると、スタンドの鄭大世主将はしばらく目を覆ったままだった。清水のシュート4本(ゴール枠内0)は今季公式戦最少。脳振とうで大黒柱を欠き、攻撃の糸口をつかめなかった。前半にMF白崎が右足首負傷で交代したことも追い打ちをかけた。

 膠着(こうちゃく)した試合で巡ってくるわずかな決定機に仕事をするエースがFC東京にはいて、清水にはいなかった。後半23分、清水のFKが相手の壁に当たって速攻を受け、最後は元日本代表FW大久保嘉に仕留められた。39分にも大久保嘉に決められた。

 小林監督は「機能的な攻撃ができなかった。活動し、パワーがある選手を2枚欠いたことはきつかった」と嘆く。前日練習に負傷の9人が参加できなかった。連戦が続いて厳しい台所事情の中、今季2度目の連敗。2015年から続くJ1のホーム戦未勝利は17に伸びた。

 GK六反は「サポーターからブーイングすらされない状況を選手がどう感じるか。自分はものすごく悔しい」と唇をかんだ。リーグ戦は一時中断し、次節は17日のC大阪戦。夏場を乗り切るための体力強化やコンディション調整とともに、気持ちの切り替えが求められる。

静岡新聞社