ここから本文です

CL準優勝監督アッレグリをPSGが狙う…本人希望額を上回る12億円を準備か

6/5(月) 18:41配信

GOAL

パリ・サンジェルマン(PSG)がユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督の招聘に向けて1000万ユーロ(約12億円)を準備していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が5日、報じている。

アッレグリはユヴェントスとの契約を2018年6月30日まで残しているが、現在、契約の延長に向けてユヴェントスと交渉中だ。アッレグリは延長の条件として、年俸800万ユーロ(約10億円)、また移籍市場においてチャンピオンズリーグ(CL)で通用する3選手を獲得することを要求している。

CL決勝戦終了後、アッレグリは「ユーヴェに残り、来シーズンに再挑戦したい」と意欲を示している。アッレグリは野心の強い性格であることでも知られており、カーディフでの敗戦を受け、さらなるステップアップを成し遂げるためにも、トップ選手の補強は必須ととらえているようだ。

一方で、PSGが来シーズンに向けてアッレグリの招聘に興味を示しており、1000万ユーロのサラリーを用意している。これは現在、アッレグリがユヴェントスから受け取っている年俸の2倍だ。なお、アッレグリは7日にジュゼッペ・マロッタGMとの面談を予定しており、これにより去就の先行きが左右されることになる。来シーズンに向けて、アッレグリを取り巻く動向は注目されるところだ。

GOAL

最終更新:6/5(月) 18:41
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ