ここから本文です

ニコール・キッドマン、自身のウェディングドレスをアート展「ラブ」に寄付

6/5(月) 19:52配信

cinemacafe.net

ニコール・キッドマンが自身の「BALENCIAGA(バレンシアガ)」のウェディングドレスをオーストラリアで行われる展示会に寄付することになった。

【写真】結婚式当日のニコール・キッドマン&キース・アーバン(2006年)

ニコールは夫キース・アーバンと2006年に結婚した際、デザイナー、ニコラ・ジェスキエールが手掛けたアイボリー色のレースがあしらわれたシックなウェディングドレスを着用したが、「ラブ」と題した展示会にアートの一環として寄付することを決めたという。

ニコールは「InStyle」誌に「私のウェディングドレスを、『ラブ』っているオーストラリアの展示会に寄付するの。ニコラ・ジェスキエールが私のためにデザインしてくれた『BALENCIAGA(バレンシアガ)』のドレスよ。私は『愛』を賞賛するものにはなんだって協力するわ。本当よ。だって愛は全てに欠かせないものじゃないかしら? 愛は多くを癒すことができるわ。正しい愛、可愛い愛、親切な愛、優しい愛、力強い愛。世の中にはたくさん形の異なった愛が存在するでしょ。それらを失ったとき、感情が揺さぶられるわ。愛情をいっぱい受けて育った子どもってすぐに分かるでしょ」とコメントしている。

さらに、どんな服を着るかで自身の感情を表現するのを楽しんでいるというニコールは、「服って自分が感じていることを表現できるものでしょ。何か強く主張したいときには、これを着るわって感じでね。ほかにも同調したいとき、拒否したいとき、個性を主張したいときなんかね。私の祖母も母もファッションが大好きだったんですもの」と続けている。

(C) BANG Media International

最終更新:6/6(火) 9:25
cinemacafe.net