ここから本文です

ダイムラー、北京汽車との戦略的提携を強化…EVの生産準備

6/5(月) 19:43配信

レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは6月2日、中国の北京汽車(BAIC)との戦略的提携関係を強化すると発表した。

画像:EVのジェネレーションEQ(参考)

今回の戦略的提携関係の強化は、2つの柱で構成される。ひとつは、ダイムラーと北京汽車の中国合弁会社で、メルセデスベンツを現地生産している北京ベンツの工場に、新たな投資を行うこと。製造設備を更新し、EVなどの新エネルギー車の生産に備える。

もうひとつは、ダイムラーが北京汽車の子会社で、EVの開発と生産を手がける北汽新能源に出資すること。ダイムラーはこの出資を通して、中国における新エネルギー車の開発を促進していく。

中国政府は自動車政策として、新エネルギー車(NEV)の普及を目指している。具体的には、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を2020年までに、200万台普及させるのが目標。新エネルギー車の販売の割合も、2025年までに2割へ引き上げることを狙う。

ダイムラーの中国担当、Hubertus Troska取締役は、「本日締結された枠組み合意は、新エネルギー車の観点から、両社の協力の新たな章となる。中国は現在、すでに世界最大の新エネルギー車市場であり、ダイムラーは中国におけるeモビリティのさらなる発展に貢献することを約束する」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/5(月) 19:43
レスポンス