ここから本文です

稀勢の里、リハビリ順調「良くなってきている」 故郷に錦で2万5千人沸く

6/5(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 大相撲の横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が4日、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮で横綱土俵入りを行った。地元で初、豪快な雲龍型を披露し、15年の白鵬を1万人も上回る2万5千人を沸かせ、故郷に錦を飾った。

【写真】稀勢の里周辺は化粧まわしも盛況だった 職人の技術を結集

 同神宮の祭神、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は武道の神、相撲の祖神として知られる。稀勢の里は角界入り前の中3時に初詣で訪れ、力士として成功を祈願した。

 15年ぶりに横綱として戻り、御礼土俵入り。「勝ち守りを買って帰った。このような形で帰って来られてうれしい」と笑みを浮かべた。

 左上腕部などの負傷で夏場所を途中休場し、リハビリ中。「日に日に良くなってきている。いい状態で立てるように」と、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)出場へ意欲を見せた。