ここから本文です

「八王子100年森と踊るフェス」開催へ 高尾の森で木の皮むき体験 /東京

6/5(月) 13:02配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 八王子市内・高尾エリアの森で6月10日、木の皮をむく体験をする「八王子100年森と踊るフェス」が行われる。(八王子経済新聞)

 八王子市が市制100周年を迎えることを受け、市民事業として立ち上げられた「八王子100年森と踊るプロジェクト」が主催する同イベント。木の皮をむいて立ち枯れさせてから切り倒す「皮むき間伐」を体験する。

 当日は水晶でできた楽器・クリスタルボールの演奏など地元のミュージシャンやアーティストによるパフォーマンスの披露なども行われる。「昼食を食べた後、森の中でまったりしながら、参加者も一緒になってできる演奏ができれば」とプロジェクトに携わる村上右次さん。

 「八王子市の面積の42%は森林。ただ、市民はそこに触れることが少ない」と村上さん。「森の現状を見ていただくと同時に八王子市が自然と共生している街であることを感じていただければ」と期待を込める。

 参加費は、家族=4,000円(子どもは無料)、大人・大学生=3,000円(2人以上は2,500円)、小学生・中学生・高校生=500円、未就学児無料。開催時間は10時~16時。参加申し込みは「八王子100年森と踊るプロジェクト」のホームページで受け付けている。

みんなの経済新聞ネットワーク