ここから本文です

小平、果敢に攻めて日本勢最高3位 自信を携え…次戦は全米オープン

6/5(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「男子ゴルフ・日本ツアー選手権・森ビル杯・最終日」(4日、宍戸ヒルズCC=パー71)

 3位から出たショーン・ノリス(35)=南アフリカ=が1イーグル、6バーディー、1ボギーの64と爆発し、通算13アンダーで、5年シードを得られる国内3大大会初優勝を果たした。アジアツアーを兼ねた日本ツアー第2戦、1月のレオパレス21ミャンマー・オープンに次ぐ日本ツアー2勝目を挙げた。8位から出た小平智(27)=Admiral=が6バーディー、1ボギーの66を出し、通算8アンダーで日本選手最高の3位に食い込んだ。

 最後まで攻める気持ちを失わなかった。小平は最難関ホールの17番パー4も果敢にアタックをかけた。ティーショットを300ヤード以上も飛ばし、ピンまで残り185ヤードの池越えの第2打を6Iでピン奥50センチにピタリ。6個目のバーディーを奪った。

 13年以来となる自身2度目の優勝には届かなかったが、日本人最高の3位。「この難しいコースでいいゴルフができた。この4日間で成長できたと思う」と充実感を漂わせた。

 この自信を携え、次戦は全米オープン選手権(15日開幕・米ウィスコンシン州)に臨む。妻の美保さんは仕事で帯同できないが「予選をしっかり通って、チャンスがあれば優勝を目指したい」と抱負を口にした。