ここから本文です

西荻窪駅改札前に「Daily Table KINOKUNIYA」 野村萬斎さん主演映画とコラボも /東京

6/5(月) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 西荻窪駅改札前に6月13日、「Daily Table KINOKUNIYA(デイリーテーブル キノクニヤ)西荻窪駅店」(杉並区西荻南3)がオープンする。(高円寺経済新聞)

映画「花戦さ」のイメージビジュアル

 「もっと毎日の暮らしに」がコンセプトの同店。イートインスペースを併設したスーパーマーケットで、通勤・通学利用の多い西荻窪のニーズに合わせ「My Kitchen My Style(マイキッチン マイスタイル)」をテーマに、ライブ厨房(ちゅうぼう)で手作りするベーカリーやデリカテッセン、コーヒースタンド、茨城県の産地直送野菜「やさとマルシェ」を併設する。

 6月3日から全国の映画館で放映中の時代劇映画「花戦さ」とのコラボイベント「西荻窪に花が咲く!!」も開催。同作は、野村萬斎さんが扮(ふん)する池坊専好が、市井の人々の暮らしを花で豊かにし暮らしを守るために、豊臣秀吉を相手に「刀」ではなく「花」で戦う戦国時代末期の物語。「人々の暮らしを豊かにする」という共通テーマで同時期にスタートすることから、コラボが決まったという。

 13日16時には、同作の登場人物である池坊「専」好と「千」利休にちなみ、花を計1000本進呈。抽選で関連グッズが当たるイベントも行い、駅の一部に映画をイメージしたラッピングを施すという。

 紀ノ國屋・店舗運営部、中澤翠さんは「焼きたてのパンや出来立てのお惣菜、コーヒースタンドなどを用意し、自由なスタイルで買い物ができるお店。気軽に来店いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は平日=7時~22時、土曜・日曜・祝日=8時~21時、やさとマルシェは10時~20時。コラボイベントは6月19日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

Yahoo!ニュースからのお知らせ