ここから本文です

なんばに「ファーストキッチン・ウェンディーズ」 関西初出店 /大阪

6/5(月) 15:49配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪ミナミの戎橋筋商店街に6月6日、「ファーストキッチン・ウェンディーズ難波戎橋店」(大阪市中央区難波3)がオープンする。(なんば経済新聞)

期間限定の「なんばベーコンエッグバーガー」

 ウェンディーズは1969(昭和44)年、米オハイオ州で創業した世界3位のハンバーガーチェーン。世界28カ国に約6500店舗を展開しており、日本にも1980(昭和55)年に出店したが、2009年12月末で撤退していた。撤退時関西エリアには、大阪=7店舗、兵庫=7店舗の計14店舗があった。

 「ファーストキッチン・ウェンディーズ」は、ファーストキッチン(東京都新宿区)がウェンディーズとコラボし、2015年3月に東京・六本木に1号店を出店した。ファーストキッチンの直営店をリニューアルする形で出店したもので、同店売上は前年比63%増を達成、同年8月に2号店として出店した上野浅草店も同31%増となった。

 女性客が7割で、デザートやフレーバーポテトなどのサイドメニューに強く、14時~17時の来店が多い「ファーストキッチン」と、男性客が6割で、ランチタイムとディナータイムの来店が多く、客単価も高い「ウェンディーズ」が補完し合うことで全時間帯の売上が増加したという。

 その後2016年に6店舗、2017年も5月末までに8店舗を東京・神奈川に出店し、いずれも前年比20~50%も売上が増加したという。難波戎橋店は17店舗目で、関西エリアには初出店となる。今後、6月13日に「京都大丸前店」、6月下旬に「梅田HEPナビオ店」、7月中旬に「天保山マーケットプレース店」を出店予定。2018年末までに全国57店舗体制を目指す。

 バーガーは、ウェンディーズ限定のバンズとパティを採用するほか、ファーストキッチンの人気メニュー、フレーバーポテトやサラダ、デザートなどのメニューも取り扱う。「ウェンディーズバーガー」(490円)、「ウェンディーズバーガーダブル」(670円)、「ウェンディーズバーガートリプル」(900円)のほか、ファーストキッチンの人気メニューに、ウェンディーズのバンズとパティを合わせた、1号店の出店を記念した「ROPPONGIベーコンエッグバーガー」(390円)なども用意する。

 関西初出店を記念し、「なんばベーコンエッグバーガー」(490円、ポテトセット=880円)を全店で販売する。「ROPPONGIベーコンエッグバーガー」のパティをLサイズに変更したほか、紅しょうが、かつおぶし、ソース、マヨネーズ、マスタードを追加し、「お好み焼き風」に仕上げた。7月10日までの期間限定。

 営業時間は7時~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク