ここから本文です

滝沢秀明は有岡大貴の笑顔が怖い!?「こどもつかい」イベントで告白

6/5(月) 14:58配信

映画ナタリー

「こどもつかい」の大ヒット祈願イベントが本日6月5日に東京・神田明神で行われ、キャストの滝沢秀明、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、門脇麦、監督の清水崇が出席した。

【写真】白塗りの“こども”たち。(他11枚)

本作は、これが映画初主演となる滝沢が子供の怨念を操る男・こどもつかいを演じたホラー。不審死事件を追う記者・江崎駿也役で有岡、こどもつかいに翻弄される駿也の恋人・原田尚美役で門脇が出演している。

襟のない白シャツに黒いスーツの上下、胸元に赤いスカーフというコーディネートで登場した滝沢は「ホラー映画は初めてで、まさに勝負の作品となった。手応えを早くも感じています」と挨拶。「映画の公開が迫っているので、いたずらっ子になった気持ちで観た人の反応が楽しみ」と話す有岡は、「僕だけ撮影前のお祓いに参加できなかったので、敏感になってる。カメラマンの方たちが“ゴースト”って言ってるのを聞いて『ホラーってそういうの映っちゃうんだな……』って思ってたら、撮影技法の専門用語だと聞いて安心しました」と勘違いをしていたエピソードを披露。とても怖がりだという門脇は「撮影していた廃墟の周りが森で蜂の巣があって、監督に『蜂のほうが怖いぞ』と言われたので楽になったんです」と述懐した。

滝沢は「周りに7人の子供がいたのでまとめるのが大変だった。撮影が長いので『お母さんどう?』『学校どう? 』とか、常に話しかけるようにしていましたね」と振り返る。そして「特殊メイクでお芝居するのも初めてですし、ただ怖い人ではなくコミカルな部分も持っていてつかみどころがない、ホラー映画では初めてのキャラクターだと思います」と自身が演じたキャラクターについてコメント。清水は「僕自身が大人になりきれない子供なので、『少年を残したままでいいんです』と滝沢さんにお話しさせていただきました」と明かす。

明日6月6日は恐怖の日ということで、それぞれ恐ろしいものを告白することに。滝沢は「有岡の笑顔が怖い。この笑顔を見るといろんなことだまされちゃうんですよね」「有岡といるとおかしくなるんで、有岡の呪いかもしれない」と回答。有岡は「人前で笑いにくくなるからやめてください! 笑顔が売りなんですから!」と慌てた様子を見せ、「滝沢くんとの距離感が怖い。薄い皮1枚を破ってくれないんですよ。どうしたらいいんですかね!」と訴える。滝沢は「じゃあ今日お祈りしよ?」と有岡に笑いかけ、うまくまとめようとしていた。

「こどもつかい」は6月17日より全国でロードショー。



(c)2017「こどもつかい」製作委員会

最終更新:6/5(月) 14:58
映画ナタリー