ここから本文です

ビッグバンのT.O.Pを在宅起訴 大麻使用で=韓国検察

6/5(月) 15:22配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国検察は5日、人気グループ、BIGBANG(ビッグバン)のメンバーで、兵役中のT.O.P(トップ)を麻薬類管理に関する法律違反の罪で在宅起訴したと発表した。

 検察によると、T.O.Pは昨年10月にソウルの自宅で、20代の女と4回にわたり大麻を吸引した。そのうち、2回は液状の大麻を電子たばこで吸ったという。

 警察は今年3月に女を捜査する過程でT.O.Pの関与を確認し、捜査に乗り出した。T.O.Pは警察の取り調べに対し、容疑を否認したが、毛髪から大麻の陽性反応が出たため、4月に送検された。

 T.O.Pは検察の取り調べで、大麻を2回吸ったことは認めたものの、液状の大麻については否認しているという。

 今年2月に兵役に就いたT.O.Pは、軍で服務する代わりに警察で勤務する義務警察としてソウル江南警察署に配属されている。

 一方、同グループのメンバーのG-DRAGONも2011年に大麻を使用したとして、検察に摘発された。

最終更新:6/5(月) 15:25
聯合ニュース